ヘミシンクとは?

ヘミシンクは、左右を通じて異なる周波数の音を聞かせることで、特定の意識状態を実現する音響技術です。
この音声技術は、米国のモンロー研究所により開発され、既に四半世紀もの間、医療従事者をはじめとする世界中のファンにヒーリングCDや癒し音楽として、または、音楽療法に活用されてきました。
米国内で特許も取得し、現在では、モンロー研究所およびヘミシンク
は、日本国内でもメディアを通じて認知度を急速に高めています。

ヘミシンクは、次のようなテーマに関心のある方にピッタリです。
健康
学習
加速学習
瞑想
体外離脱
リラクゼーション
睡眠
癒し音楽
ヒーリング
音楽療法

ヘミシンクとは、Hemispheric Synchronization(左右両脳同調効果)の訳です。
ヘミシンクが、左右の脳を刺激し、脳全体を特定の周波数へと導くことからそのように名付けられました。

では、ヘミシンクが意識状態を変える、そのプロセスを例を追って見ていきましょう。

例えば、右の耳に120ヘルツの周波数を流し、左耳に115ヘルツの周波数を流した場合、左右の脳は、各々に流れる周波数の差異を「正しい音の周波数」として感知します。
この場合は、右の120から左の115ヘルツを差引いた5ヘルツを感知します。

感知された5ヘルツは、瞬く間に脳全体に広がり、特定の意識状態(集中状態、リラックス状態、睡眠状態等)を導きます。

ヘミシンクCDでは、この原理を基盤に左右から入る周波数をCD毎に調整することで、様々な意識状態を生み出しているのです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ヘミシンクって何だ?

「臨死体験」を超える死後体験―米国モンロー研究所のヘミシンク技術が、死後の世界探訪を可能にした! |坂本 政道

「臨死体験」を超える死後体験―米国モンロー研究所のヘミシンク技術が、死後の世界探訪を可能にした!「臨死体験」を超える死後体験―米国モンロー研究所のヘミシンク技術が、死後の世界探訪を可能にした!
坂本 政道
ハート出版 刊
発売日 2003-04



現実的 2006-04-07
TVでヘミシンクについて知り体外離脱について初めて読んだのがこの本です。坂本氏がモンロー研究所に訪れてモンローのように違う銀河や過去世を直接見る体験をします。想像以上の世界を著者は読者に垣間見せてくれます。これからヘミシンクを聴いてみようという人にお奨めです。

 私はヘミシンクを聴き体外離脱をし映画や漫画のように自分の町の上を飛ぶという体験をしました。夢とは違い意識がはっきりしていました。ただヘミシンクはバイロケーションでの変性意識で映像を見て死後体験するのを主な目的としているので必ず体外離脱を体験できるわけではありません。スポーツや勉強と同じで体外離脱も1から少しずつ進歩していくもののようです。けしてオカルト的にすぐすごい世界が体感できるというものではありません。


さらに詳しい情報はコチラ≫

スポンサーサイト



ヘミシンクって何だ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。